manaji_editor
AUTHOR

manaji_editor

ケネディ大統領と上杉鷹山

天は自ら助くる者を助く この言葉は幕末にイギリスに留学した中村正道という若者が英国の作家サミュエル スマイルズ自助論の序文に書かれた格言(God helps those who help themselves)を自らの著書≪西国立志編≫で天は自ら助くる者を助く、と翻訳し後世の日本に広まっていったそうです。 (God helps those who help themselves )文字どうりに訳す […]

『集中と選択』言葉の順番を変えると違った世界が見える

経営危機に瀕したある大会社の経営会議 経営危機に陥ったある大企業の経営会議にて。緊張感あふれる空気の中、担当役員、事業部長、企画管理部長、経理財務部長等全員に向けて、社長がメッセージを伝えます。 我が社は今存亡の危機に瀕しています。 これまで右肩上がりの経済市況の中でコアのビジネスを中心として多角化に邁進し事業の拡大を図ってきたが、ここ数年の環境激変に伴い一部の事業が変化に追随する事が出来ず不採算 […]

マンモスの絶滅と大企業病

    マンモスの絶滅理由に関する新説がおもしろい 最近のニュースでシベリアの凍土からマンモスの死骸がほぼ原形を留めた形で発見され、ハーバード大学の研究室でDNAの構造を分析する事によりそのDNAを復元させることに成功したという事でした。数千年前に絶滅したケナガマンモスを2年以内に蘇らせるプロジェクトが始まったという何かロマンを感じさせるニュースでした。 マンモスが地球上からそ […]

そりゃあ「自分の夢ってなんだっけ?」と思うのは当然。という話

若い世代の方であれば、「あなたの夢はなんですか?」と聞かれることが、度々あったのではないでしょうか。 子供の頃は「将来の夢はなあに?」と先生に聞かれ、就職活動を始めると「将来のビジョンを教えてください」と面接官に聞かれます。 子供の頃の夢を、今も持ち続けている人はどのくらいいるのでしょうか? 夢を聞かれたら、答えられないといけないのでしょうか? 目的なく過ごす日々は、無益なのでしょうか? 今回は、 […]

責任と役割

みなさん登山というチームスポーツはご存知ですか? 学生時代山登りに没頭していた時期があります。冬山登山を目指して厳ししい活動を行っていました。夏山合宿では2週間で白馬岳から槍ヶ岳、穂高連峰まで縦走も経験。20日分の食料と燃料、そして宿泊用のテントを7名の隊員で一人40キロを超える荷物を分担します。 合宿では3年生の経験豊富なベテランがリーダーとサブリーダーとなり山行計画を作成。1年間の辛い訓練に耐 […]

旅はまだ終わらない

中島みゆきの歌にヘッドライトテールライトという中々良い歌があります。特に3番の歌詞が印象的でした。 いく先を照らすのは未だ見果てぬ夢 遥か後ろを照らすのはあどけない夢 ヘッドライトテールライト旅はまだ終わらない ヘッドライトテールライト旅はまだ終わらない 人生は旅 峠を越えた旅 人の人生はよく旅になぞらえます。一枚のセピア色に染まった家族写真に写っている懐かしい少年時代。木綿の半ズボンと汚れたシャ […]

アントレプレナーシップを学びたければ、ラーメン屋台の親父を見よ。という話

アントレプレナーシップとは アントレプレナーシップという聞きなれないビジネス用語があります。一般的には企業家精神と訳されています。言葉の語源はフランス語の仲買人とか貿易商という意味を持つEntrepreneurから来ているそうです。 貴族に牛耳られ階級社会からはみ出し者になったフランス商人が一攫千金を夢見て地中海から中近東やアジアに乗り出し香料、貴金属等をフランスに持ち込んで大量に売りさばき大儲け […]

承認欲求は本当に厄介なものですね

発信の平成、受信の昭和 SNSの普及であらゆる情報、インスタ映えする写真、そして人々の想い等を誰もが何時でも何処からでも発信出来るようになりました。情報はすべて人から与えられ自ら世の中に自由に発信するなんて若かりし頃は謙虚で引っ込み思案だった昭和世代の叔父さん達には隔世の感があります。 暗い夜空の中、月明かりで照らされた小学校の校庭で古びた映写機から映し出された画質の悪い鞍馬天狗の映画に夢中になり […]

有言実行と不言実行

理屈じゃない。根性だ。の高度経済成長期 ひと昔前のビールのコマーシャルで一躍脚光を浴びた言葉があります。侍の風貌を漂わせる世界の三船敏郎が無言でぐいっとビールを飲み干すそしてあの有名なキャッチコピーが飛び出します。―男は黙ってサッポロビール―となります。 日本の高度成長期に会社の為、組織の為に身を粉にして奮闘していた企業戦士の圧倒的な共感を得ていました。上司の枕言葉は常に理屈やできない理由を並べる […]

武田信玄、そして風林火山

外国人に大人気の武田信玄 外国人が日本語の漢字、特に4文字熟語をつけたT-シャツを自慢げに着て歩いているのをよく見かけます。もちろんその意味を理解している外国人はほとんどいないと思われますが漢字そのものがファッションでかっこいいと感じられているのでしょう。 昨今日本のアニメブームやゲームがきっかけとなり日本の歴史や文化が外国人の間でポピュラーになってきました。特に侍とか戦国時代の武将に関する物語や […]